ヘッダーをスキップ

醤油蔵を訪ねて

「醤の郷」の歴史


小豆島で醤油づくりが始まったのは江戸時代、400年ほど前のことです。
そもそも小豆島では弥生時代から塩造りが盛んに行われていました。質の良さで知られた島の塩。
そして、酵母の発育と熟成に適した瀬戸内気候。発達した海上交通によって運び込まれる肥前・肥後(九州)の大豆や小麦。時間のかかる熟成をじっくり待てる心穏やかな島の人たち。
これらがすべてひとつになって、小豆島の醤油は生まれました。

 やがて時は移り、終戦後の食糧難の折、芋のツルをこの醤油で煮たのがきっかけで造られたのが佃煮です。おいしい醤油が生きて、保存や運搬にも適した佃煮は、今では島の主要産業のひとつ。特に昆布佃煮では日本有数の産地になっています。

 このように、豊かな自然とあたたかな人の手によって、発展してきた醤油と佃煮ですが、規模的な拡大の時期は終わりました。例えば、明治から昭和の初期にかけての最盛期には約400軒あった醤油醸造所も、今では約20軒になっています。
でも、だからこそ残ったところはどこも真剣に、「今こそできるものづくり」に取り組んでいます。
納得できる原料を選び、じっくりと時間と手間をかけて、本当においしく安全な製品を作り、届けようとしています。
醤油製造所