ABOUT NURSERY

「個」を尊重した保育

過度な制限をかけない。
我が子を育てるようにひとりひとりと向き合うことで、自発的で自由な行動を促しています。

保育目標

健やかな成長を

元気で明るい

元気で明るい子どもに育つために必要不可欠な「笑顔があふれる環境」「きちんと栄養のある食事」「良質な睡眠」「しっかり遊ぶ」ことを大事にしています。

心の豊かさ

愛情にあふれた言葉がけや対応、どんなことにも肯定的な言葉を投げかけてあげることで、友達や両親だけでなく様々な人に優しくできる子供に育ちます。

よく考える

「なぜ」を自分で考え、答えを出す。このプロセスは発達においてとても重要です。 想像力、思考力が深い人間となるよう基礎を身につけます。

保育理念

◇ 生涯にわたる人間形成において極めて大切な時期であるお子様を、大切にお預かりし、のびやかな環境と雰囲気の中で、生き生きと園生活を楽しめる保育を提供します。

◇ 保育者としての人格並びに専門性の向上に常に努め、豊かな愛情をもって子供に寄り添い、共感し、個の興味と発達に応じた働きかけを行います。

◇ 保護者との十分なコミュニケーションに努めるとともに、子どもを第一優先に考え、様々な機会を活用して保護者への支援を行います。

保育方針

正しい保育者

子どもは大人を見てたくさんの事を学びます。そして真似をします。そこに善悪は関係ありません。子どもが正しく育つには、 正しい教育はもちろんですが、接する保育者(大人)の言動がとても重要となります。 私たちは常に見られているという事を意識し、正しい保育者として成長し向き合っています。

見守ることで逃さない

乳児・幼児段階でもハイハイするのが早い子や足が速い子、おしゃべりが上手な子がいるように、それぞれ個性があります。 そして必ず光るものを持っていて、それをいち私たちが早く見つけ出し伸ばしてあげることで、子どもは自信をつけ 新しいことにもどんどんチャレンジするように育っていくのです。

答えを引き出す

私たちはすぐに答えを教えません。常にオープンクエスチョンを投げかけます。車のおもちゃで遊んでいたら 「この車でどこに行くの?」と問いかけることで「うん」「ううん」で終わらせず、たくさん話してもらいます。 そうすることで想像力・語彙力そして自分の考え・感情を説明できる子に育つのです。

当園の特徴

看護師常駐により、お薬の管理や万が一体調が急変しても迅速な医療行為が行えます。

防音対策を施しているので、お預かりしているお子様に余計なストレスを与えない設計にしてます。

居心地の良さは清潔な環境から生まれます。当園は常に清潔な保育室、清潔なトイレを心掛けています。

一人ひとりのアレルギー状況を専門家が把握し、食べる楽しさ・栄養を考えた食事を提供しています。

ICTの活用により、各種お知らせや欠席、遅刻、早退など保護者の負担を最大限削減しています。

当園はテレワークスペースを完備することで、生活の基盤であるお仕事に集中できる環境を整えています。